2015年

6月

26日

1泊2日ゲーム遊びまくりの旅 ゲームルーム合宿2015春 レポート後編

さて、長い合宿もあっという間に後半戦に入ります。でも、楽しいイベントはまだまだ残っているので後編もお付き合いくださいな! 前編は下記リンクから!

 

【関連記事】

1泊2日ゲーム遊びまくりの旅 ゲームルーム合宿2015春 レポート前編


悩んで描いて、迷って当てる

美味しいお肉でお腹いっぱいになったら、全員参加のゲームの時間がやってきます。イベントでの全員参加ゲームは人数を柔軟に対応しやすいボードゲームが選ばれることが多いです。しかし、今回は全員でも盛り上がれるようなテレビゲームを用意しました。

テレビゲーム、子供のころから慣れ親しんでいるゲームはこちらのことが多いでしょうね。ただ、今回の合宿、テレビゲームだってとびっきりの遊び方をしてますよ! 合宿所にプロジェクターを持ち込み、大スクリーンにゲーム画面を映して遊んだんです。テレビだといくら大画面のものでも22人が一緒に遊ぶのには小さいですからね。ゲーム部屋の壁一面に映し出されるゲーム画面は、合宿のお決まりです。格闘ゲームやレースゲームだと、大迫力で興奮すること間違いなしですね。

ただ、今回用意したのは格闘ゲームでもレースゲームでもではありません。でも、大画面だからこそ遊べたゲームなんです。ソフトはWii Uの「ゲーム&ワリオ」。これは、パーティーゲームが16種類も楽しめるんですが、今回はその中でも「スケッチ」というお絵かきゲームをしました。これはWii U GamePad(以下ゲームパッド)というコントローラーを使って遊びます。ゲームパッドにはニンテンドー3DSのようにタッチスクリーンが付いているので、そこにタッチペンを使ってスケッチしていきます。操作はこれだけ。なので、普段デジタルゲームの操作に慣れていない人でも簡単に遊ぶことが出来ますよ。

ゲームのルールも1人がお題を絵に描き、そのお題が何なのかを他の人が当てるというシンプルなものです。ゲーム中はゲームパッドのタッチスクリーンにだけ絵のお題が表示されていて、大スクリーン画面には描かれている絵だけ表示されていくんです。何が描かれているか分かった人はボタンを押して…ではなく声で知らせます。これ、ボタンを使わないで口で言ったのを聞いて正解者を判断するゲームなんですね。「ちょんまげ、ちょんまげ、いや、お侍、織田信長!」みたいな。正解を言う声が聞こえたら、ゲームパッドを持っている人が正解ボタンを押して、「織田信長って言ったのだれー?」みたいな感じで、正解者を確認します。なので、やろうと思えば何人でも参加することができるんですね。

さてさて、上手く絵を描き、皆にお題を当ててもらうことは出来るかな?



夜のお楽しみ


さあ、合宿での夜のお楽しみといえば、決まってますよね? 恋バナ? 下ネタ? ノンノン。もちろん、夜通しのゲームに限ります!

…毎回このくだりで非常に申し訳ない。ただ、それくらいゲームルーム参加者はゲームが大好きなんですよ。前夜祭でもオールしたにも関わらず、多くの人がゲーム部屋で遅くまでだらだらゲームを続けます。ここでは深夜までゲームしようが、寝転がりながらゲームしようが怒る人は誰もいません。こんな幸せな時間があっていいのでしょうか…。

深夜ならではの高いテンション、そして頭が全く働いてない時のいい加減なプレイ。普段のゲームルームにはない贅沢な時間の使い方です。ただ、流石に明け方にはみんな多少は眠っていました。宿泊用の部屋もきちんと用意してあるにも関わらず、毎回大半の人間がゲーム部屋で寝落ちしてしまいます。

この屍の山は毎度見られる光景です。次の合宿に参加すればあなたもこの一員に!?


好き嫌いせずに食べましょう。


さあ、屍の山を叩き起し、最終日の朝が来ました! 最終日は17時にはバスに乗って宿を出ます。なので、ゆっくり寝ている暇はありませんよ! 早く朝ごはんを食べてしまいましょうね。ちなみに、朝食はバイキングです。好きなものだけをいっぱい食べれて、嫌いなものは食べなくていいなんて、素敵なシステムを考えてくれた人に感謝、感謝。

そうそう、好き嫌いといえば、合宿所に着いてすぐアンケートがあったんですよ。好きな食べ物と嫌いな食べ物を聞かれました。ただ質問が少し不思議な感じで、どちらが好きな食べ物でどちらが嫌いな食べ物か分かりにくいようなものを答えてくれとのことでした。答えた時には意味が分からなかったアンケート、謎が解明されたのは朝ごはんの後の全員参加ゲームの時でした。

2日目の幕を上げた全員参加ゲームは嘘つき当てゲームの「人狼」。以前の2周年記念イベントでも紹介したこのゲーム、今回は大幅にルールを変更して遊んでみました。「人狼ってなぁに?」「名前は知ってるけどどんなゲーム?」そんな方は以下のリンク先をご覧ください。


【関連記事】
『「犯人はこの中にいる!」なゲーム 人狼』(AllAboutゲーム業界ニュース)

人狼は、狼陣営と村陣営に分かれて戦い、誰が嘘つき狼か当てていきますよね。普通その判断材料となるのは、議論中の言動や、狼が誰か知ることができる役職者の存在だったりします。ただ、今回は難しくなく、誰でも参加しやすいようにヒントを提示しながらゲームを進めます。そのヒントというのが先ほどのアンケートに関係あるんですよ! そう、好きな食べ物と嫌いな食べ物をヒントに人狼をしていくんです。その名も「おいしい人狼」!

狼陣営はアンケーの時に答えた嫌いな食べ物、村人陣営は好きな食べ物を掲げながらゲームを進めていきます。なので、狼達は自分の嫌いな食べ物を、さも大好きかの如く振る舞わなければなりません。食べ物の好き嫌いという誰でも話しやすいお題を中心に会話ができるので、人狼を遊び慣れていない人でも楽しく参加できました。

また、発言数が偏ることもないような工夫もしました。全体で議論するのではなく、1人につき1問だけ任意の誰かに質問していくという形式にしたんです。いかにも嫌いな人が多そうな食材を掲げている人には質問も集中するので、狼にはちょっとだけ不利だったかもしれませんね。そして、ゲームルーム終わりに皆で食事に行ったり、合宿中にご飯を食べたり、一緒に食事することも少なくはないゲームルームのメンバー達。食べ物の好き嫌いはかなり分かりやすいヒントになりました!

さて、ゲームが始まり、全員が好きなものが書かれたカードを見せた時、一部から笑いが起きました。あからさまに普段嫌いと言っている食べ物を書いている人がいたんですね。それは、「セロリ」と書いた人狼さん。

ただ、はじめて会った人もいたり、食べ物の好き嫌いは全員に知られているわけではありません。なので、たとえ何人かに嫌いなものとバレていても他の人を騙し通すことはできるはず! がんばれ狼! と応援した次の瞬間。「セロリ嫌いって言ってましたよね?」とド直球の質問が村人の1人から炸裂。あまりにも核心を突いた質問に全員大爆笑。流石に全員の前でそれを言われると言い逃れも難しく、しどろもどろになりながら「セロリ好きだもん。」と言い続けた哀れな狼さんは、一瞬でゲームから退場になりました。ただ、このゲームで一番のインパクトを残したのはこの狼さんでしょうね。

可哀想に狼さん達は、あっけなく全員当てられてしましました。ゲームは、村人チームの完全勝利で幕を下ろしました。ちなみに、狼さんたちが好きなモノと偽っていたのは、「カール」「納豆」「セロリ」「干しいちじく」。「カール」は上手く紛れることが出来ましたが他の人はボロボロでしたね。納豆はどうしても怪しまれますし、干しいちじくは「どこで買ってますか?」の質問にしどろもどろ。好きなものなら良く知っているはずでは…という推理にて撃沈してしまいました。



さて、名残惜しいですが全員参加ゲームはこの人狼で最後なんです。後は時間が来るまで各々で目一杯遊んでくださいな。


ラストスパート!!持ち込み企画第2弾は!?


さあ、楽しかった合宿も残りはほんの僅か。なんと、ゆっくり遊べる時間はもう5時間程度しか残されてないんです! 普段であれば十分の長さに感じますが、丸2日遊んできた者達にとって5時間なんてあっという間。それに、連日の寝不足も祟ってウトウトしてしまう人たちもチラホラ。いやいや、流石に皆さん疲れの色は隠せませんね。でも、ゲームをする手は止めません。最後の最後まで思う存分遊びつくします。
 
今回の合宿、参加者による持ち込み企画が2つありました。1つは前編で紹介した「テーブルトークRPG」そして、もう1つが「マジック・ザ・ギャザリング」。通称「MTG」と呼ばれるトレーディングカードゲームの企画です。

最終日はそのカードゲームをする人が多く見受けられました。この「MTG」ですが、 最もよく遊ばれているトレーディングカードゲームとしてギネス記録にも認定されているんです。ゲームルームの人も多くが昔に遊んでいた経験があるようでした。

このカードゲーム、新品のパックを購入してきて、当日そのパックの中に入っていたカードを使って遊ぶ「ブースタードラフト」という対戦スタイルがあります。普段の完成された自分のデッキを使うのでなく、その場で出たカードをいかに上手く使えるかが試される対戦方法ですね。でも逆に、いくら普段レアカードを集めている人でも、今回はそのカードは使えません。初心者と経験者でカードの強さの差が出ないようにもできるんです。そのため、今回も初体験という人が経験者を打ち負かすシーンも見られましたよ。

「普段できないことをやりたい」という参加者の意見からこの企画は成り立ちました。ゲームルームでは、「こんなゲームがしたい!」「季節のイベントを楽しみたい!」など、一般参加者の声から全体の企画になったイベントもあります。皆さんの意見も可能な限り聞いていきたいので、好きなゲームなどがあれば声を大にして言ってみてくださいね!


家に帰るまでが合宿でした


楽しかったゲームルーム合宿、全日程が終了しました! 後はおうちに帰っておねんねです。怪我人・病人ともになく、皆が満足した良い合宿だったと思います。さあ、とっとと東京に帰ろう! ……と思っていました。ただ、合宿の魔物は最後の最後に潜んでいるんですね。そう、帰りにまさかの大渋滞(笑) 2時間程度のはずの帰り道、まさかの5時間近く掛かりました。それでも、逞しいゲームルームの面々は、バスの中でゲームを楽しみましたとさ。

最後の落とし穴があったにも関わらず、ゲームルームルーム合宿は本当に無事終了しました。大人になってからこんなに長時間ゲームができるのはここくらいではないでしょうか? 初参加者の人たちも満足そうに帰っていき、大成功の春合宿でした。

これからゲームルームでは7月にゲームルーム3周年を記念しての大きなイベントがあります。合宿・忘年会に並ぶゲームルーム3大企画の1つです。合宿に来れなかったあなた! まだまだ楽しいイベントは沢山待っていますよ! また、金曜開催の普段のゲームルームも毎週あります。イベントにいきなり行くのは怖いなら、まずは気軽な気持ちで金曜日のゲームルームにでも参加してみませんか? 無類のゲーム好き達があなたのことを今か今かと待ち構えていますよ。


【関連ページ】

ゲームルーム3周年記念イベント

 

文:サポーターしげ 編集:田下広夢

リセットネコ

このサイトは、ゲームユーザーの為のゲームサロン、ゲームルームの公式サイトです。ゲームルームについて詳しく知りたい方はこちら

 

 

ゲームルームの管理人、ゲームライター田下 広夢の個人サイト。

 

 

ゲームルームのイラストを描いていただいている橋本モチチさんのサイトです。