2015年

4月

10日

クッキーを、掴んで、あげて、断られる? ゲームルームホワイトデー イベントレポート

バレンタインから早1ヶ月…。
ゲームルームのバレンタインでは男性陣が女の子からのチョコを賭けて奪い合いました。
男性陣の必死な姿は、見ている方もトキメイちゃった可能性も!?

でも、今日はホワイトデー。女の子達がプレゼントをもらえる特別な日。そんな日に可愛い女の子の争う姿なんて見たくないですよね。なので、今回は皆がちょっぴり幸せな気分になれる企画をご用意しました。


クッキーの甘い香りに包まれてホワイトデー前日の3月13日、ゲームルームには大量のクッキーが!今日はこのクッキーを使ってゲームをしますよー

さて、景品を勝ち取るのは一体誰だ!?そろそろゲームを始めましょう!



“僕から君へのちょっぴりあまい嘘”

今回みんなで遊ぶために用意したのは、「ディブディブ ~ホワイトデー特別ver~」。
「ディブディブ」はプレゼントを渡すシチュエーションを体験できるゲームになっています。シンプルな駆け引きですぐに盛り上がれるので、ホワイトデーの企画にはぴったりでした!まず、「ディブディブ」とはどんなゲームなのか説明をしていきましょう。このゲームに必要なのはたくさんの木製のチップと袋が2枚。

ゲームの開始前、片方の袋に全てのチップが入っています。これを「チップ袋」と呼びましょう。最初のプレイヤーはこのチップ袋に手をいれて、むんずと掴んでもう1つの袋に入れ替えます。

この入れ替えた方の袋を「プレゼント袋」と呼びます。チップをプレゼント袋にいくつかいれたら、自分以外の好きなプレイヤーを選んで、「ホワイトデーのプレゼントです!受け取ってください!」と言って差し出します。

まるで本当のホワイトデーみたいな光景になります。

でも、せっかくのプレゼントなら1枚でも多くのチップが欲しいですよね。

なので、プレゼント袋を差し出されたプレイヤーは、プレゼント袋の方がチップがたくさん入っているかを考えます。プレゼント袋よりもチップ袋の方にたくさんチップが入っていると思ったら「もっとちょうだい!」を宣言します。

「もっとちょうだい」を宣言したら、チップ袋と、プレゼント袋の両方をうけとります。。そして、またチップ袋からプレゼント袋に、チップをいくつか移動して、誰かに差し出します。「ホワイトデーのプレゼントです!受け取ってください!」これを繰り返すと、必ずどこかで差し出されるプレゼント袋の方がチップ袋よりチップ枚数が多くなる場面が訪れます。もし差し出されたプレゼント袋の方にチップがたくさん入っていると思ったら、素直に「ありがとう!」と言って、袋を受け取りましょう。

赤と緑、どっちの袋のクッキーがたくさん入っているか迷います
赤と緑、どっちの袋のクッキーがたくさん入っているか迷います

誰かがプレゼント袋を受け取ったら、その時点でチップ袋を持っている人とプレゼント袋を受け取った人で中に入っているチップ枚数を数えます。チップがたくさん入っていた方が1ポイントゲット!2ポイント先取で勝ち抜けです。

「もっとちょうだい」と欲張りすぎてもダメ。「ありがとう」と素直になんでも受け取ってもダメ。上手いことおねだりして、相手からチップを巻き上げる。実際の男女の駆け引きにも役立ちそうな、ある意味恐ろしいゲームかもしれません(笑)



ほ、ホワイトデーは特別なんだからね!


さて、このゲーム、先述の通り本来は木製のチップを使って遊びます。しかし、今回のゲームルームには大量のクッキーが!せっかくのホワイトデーなのでチップの代わりに実際のクッキーを使って遊んでみましたよ。ゲームルームのあちらこちらで、実際に、クッキーを渡したり、受け取ったり、掴んだりが繰り広げられるわけです。

また、「ディブディブ ~ホワイトデー特別ver~」なのですから、クッキーを使うだけでなく、ちょっとした特別ルールもあります。



女の秘技!?

それは、「そのクッキーちょうだい」というおねだり攻撃!グループは女の子1人と男性3、4人のランダムで作られています。なので、男性は男性に対してクッキー袋を差し出す場面も多くなります。男性に渡そうとしていたプレゼント、でもそこで可愛い女の子が目をウルウルさせて「そのクッキーちょうだい」とおねだりされて断れる人なんているでしょうか?…はい、もちろんいないですよね!

ということで、女の子はゲーム中、1回だけこのおねだりが使えます。プレゼント袋が多くなったと感じた瞬間がおねだりを使うチャンス!他の人に渡りそうなクッキーを横取りゲットです!

この攻撃で女の子は安定して1ポイントは取れますよね。2ポイント先制のため、1ポイント取れるだけでもかなり勝利には近づきます。

の、はずだったのに…。

何故かおねだりを失敗する女性も現れて思いもよらぬ展開に。女性に頑張って接待をしていたチームでも、まさかの決勝進出は男性だったり。接待プレイにも限りはありました。また、ゲームには本気で勝ちに来るチームでは、おねだりを使った後は女の子になかなかプレゼントが渡されなかったりとゲームも泥沼化!男女関係なく本気で勝負できるのはゲームルームの良いところです。


勝利の土下座


決勝戦とプレゼントフォーユーそれぞれのグループから勝ち抜いた4名で決勝戦も行われました。決勝戦は1人勝ち抜けではなく、1位から4位まで順位もつけます。決勝は男性2名、女性2名。

勝ち抜けてしまった男性陣は逆にいたたまれなさそうな様子でしたけどね。おねだり攻撃もあり、男子陣も空気を読もうとしていたのできっと優勝は女の子!と思いつつ負けた人たちはゲームを見守りながらクッキーをむしゃむしゃ。大量に準備したので、皆で消費に勤しみます。

さあ、今回の企画、皆を押しのけ堂々の1位になった方の写真がこちらになります!

勝利の土下座
勝利の土下座

…はい。
彼も悪気はなかったんです!ただただ、女性陣がゲームが下手すぎるのが悪いんです!別に、ホワイトデーの企画で男性が勝つという空気を読まない彼を誰も責めません!責めません…と言うか、皆から大笑いされてました。

それでも、ゲームが全てを決するゲームルーム。今回は見事に1位に勝ち抜けた方へのプレゼントが、『ヨッシーのクッキー』というファミコンソフト。しかも新品! パッケージを見ているとなんだかすごく懐かしい気持ちになります。

今回は最初から最後までクッキーだらけの回でしたね。

バレンタインにホワイトデー、男女の甘い時間を提供することはできたでしょうか。たとえゲームでも、女性からプレゼントを渡されたり渡したりできたのは幸せな思い出になったはずですよね!

キャッキャッ、ウフフと2月3月は男女間で盛り上がるイベントが続きましたね。滅多にない皆さんのリア充タイム、残念ながら一旦終了と相成ります。

ふふふ、なぜなら…


次のイベントが4月18日~19日にかけて行われるゲームルーム春合宿だからです! 昨年、そして一昨年の秋にも行われたゲームルーム合宿。これは、ゲーム好きのゲーム好きによるゲーム好きのための合宿。つまり、ゲームオタク街道まっしぐら。男女間でイチャイチャしてる暇はありません(笑)

男も女も関係なく、純粋にゲームを楽しみましょう!2日半、ぶっ通しでゲームをしても誰からも怒られない、夢の様な時間が今ここに。合宿がゲームルーム初参加という方もいらっしゃいます。女性の参加者ももちろんいます。ゲーム好きなら一度は体験してみてはいかがですか?

と、宣伝をもってホワイトデーレポートは締めさせていただきますね。合宿のレポートを乞うご期待!


文:サポーターしげ 編集:田下広夢

リセットネコ

このサイトは、ゲームユーザーの為のゲームサロン、ゲームルームの公式サイトです。ゲームルームについて詳しく知りたい方はこちら

 

 

ゲームルームの管理人、ゲームライター田下 広夢の個人サイト。

 

 

ゲームルームのイラストを描いていただいている橋本モチチさんのサイトです。